即日インプラント治療について

よくあるイメージのひとつとして、インプラント治療は長期間に渡るものであるという印象があります。
それを覆した画期的な治療として、近年出回り始めた即日インプラント治療です。


治療の流れとしては、従来の治療の流れを凝縮したような感じになります。

現在の体調やアレルギー等の有無等、簡単な問診を行った後に手術が開始されます。



埋め込みを行い義歯を装着し、噛み合わせの確認が完了し次第治療が完了となります。



ただし、口内の状態により少々日数が掛かってしまうケースもあるようです。



ここで疑問となるのが、フィクスチャーが顎骨に固定する期間はどうするのかという点です。


これについては、顎骨との結合をしないイミディエイト術式(ブリッジの一種)による治療を施す事によりクリアしています。それにより、即日で治療を終えその日に食べ物を噛む事が出来る理屈となっています。
治療後の指導内容は従来と同じです。

喫煙の禁止、定期的な歯の検診や日常のケア等です。


即日インプラントにおいてもそれは同様で、これらを怠る事によるインプラントの不備の発生内容については従来のものと同様です。そもそも、即日でのインプラント治療を行う事が出来る方は非常に限定的で、患者を選ぶ治療となります。

タバコによる口腔内汚染や歯周病、歯槽膿漏などに罹患している場合などは、タバコについては禁煙を求め、歯周病等についてはそれらを治療してからの施術となります。
これらについても従来の治療と同じになります。